トラブルが起こってしまった場合

社会問題にも、なるほど多くあるのが悪質商法の訪問販売です。
この訪問販売には、まず契約をさせることが多くあります。
一般的に、一度契約をするともの無効にできないと思われています。
しかし、そのような悪質商法から消費者を守るために契約関係書類を破棄できる法律ができています。
この法律は、訪問販売だけでなくさまざまな契約のトラブルに対応しています。
もし、強引に言われ契約をした場合は、すぐに消費者センターや法テラスに相談をすることが肝心です。
クーリングオフという制度には、契約してから8日以内に手続きをしないといけないからです。
そのやり方などは、相談をすると丁寧に教えてもらえます。
これ以外の、トラブルでも相談はできます。
何か、契約関係のわからないときは契約をする前に消費者センターや法テラスに電話でも相談ができます。
事前にしておくと、トラブルを未然に防ぐことも可能になります。
消費者にとって有利になるようにしてくれます。
また、契約をしたらもう無効にできないと言われる場合もありますができる場合の方が多くあります。
諦める前に、必ずここに相談の連絡をすることが悪質商法を撃退できる方法です。
被害者を、増やさないためにもキチンとすることは重要です。

コメントは受け付けていません。