退去時のトラブルについて

賃貸物件から退去するときに問題になるのが現状回復費用です。
敷金返還の問題とも密接に関係しており、賃借人が費用を払わないといった場合に大家が敷金を返さないというトラブルにもなります。
原状回復とは賃借人が元の状態にして返すということで、契約書に「原状回復して返還しなければならない」と大抵の場合記載されています。
この原状とは全く同一の状態という意味ではなく、経年劣化による摩耗や通常の使用による減価を賃借人が負担することを定めたものではありません。
経年劣化の修理費用は家賃に含まれていると考えるからです。
壁に故意に穴をあけた、掃除を怠ったためにカビが生えたなど不適切な使用により生じたものは賃借人の負担になりますが、壁のクロスが日焼けで変色した、畳が経年により変色したという場合は大家が負担しなければなりません。
たとえ契約書に経年劣化による消耗も原状回復に含むというような特約条項がある場合でも、明らかに妥当性がない場合は賃借人保護のため無効であるとされています。
特約の場合でも部屋のクリーニング代にいくら、というように暴利的な金額ではなく合理的理由がある場合は、契約時に賃借人が納得したとされ有効になることもあるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。