敷金の返還はしてもらえるのか?

敷金とは元来、もしも払うことができなくなった場合に備えて預けておくものであり、滞納や高額な修理費についてのいわゆる担保金です。通常の使用で劣化したり汚れた場合には、基本的に貸主である大家が負担するものとされています。
返還については大家と借主間でトラブルになるケースが多く、どちらの立場にあっても原状回復義務の範囲が明確でない場合や、明らかに不当だとするものに関しては、国土交通省の示す「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考にするとよいでしょう。よく問題になるのが「ハウスクリーニング代」ですが、これはきちんと掃除をして退去しているのであれば、基本的に差し引くことはできません。畳替えやクロスの張り替えなども同じで、あまりにもひどい使い方でない限り普通に生活している分には差し引かれることはないのです。契約書に明記してある項目でも、支払い義務のないものや納得できない負担がある場合には、仲介者や貸主に確認をしておくことが大切です。もしも退去後に差し引かれてしまったものでも、借主に負担する義務がないものであれば返還請求をすることができます。また納得できないものについては、返還代行業者に依頼するという手段もありますので活用することも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。