設備の不備・故障のチェックの重要性

不動産の賃貸借契約では、必ず原状回復費用という項目が定められており、退去のときにはそのための費用を敷金から支払うようになっています。もちろん敷金で足らない場合は追加して支払う必要があります。
したがって、入居するときには、設備の不備や故障をしっかりと点検し、できれば不動産屋を通じて、修理するなり、直してもらっておくことが大切です。
使わない設備があったとしても、そのままにしておくと退去のときに自分が壊したものでないのに、請求対象となりトラブルになることがあるからです。
そして、設備に関しては、どこまでが付帯設備として壊れたときや調子が悪いときに、家主の負担で対応してもらえるのか、借主が負担しなければならないのがを把握しておくことも大事です。
エアコンがついている賃貸借の部屋など場合、故障とか買換えとかは、どちらの負担なのか、明確にしておく必要がありますし、冷蔵庫や調理器具などで値が張るものなども、念の為確認しておく方がいいでしょう。
常識的には備え付けの設備は家主が負担するのが原則ですが、中には、サービスで提供するが、修理・買換えは借主の負担とするというようなこともあるからです。
このあたりは、入居に際して不動産屋に確認し、できれば文書になっていることが好ましいことです。

コメントは受け付けていません。