入居後のトラブルってどんなもの?

まずは礼金についてですが、家賃の1~2ヶ月分というのがおおよその相場になっており、これは部屋を貸してもらうことを感謝する意味でのお金になるので、基本的に解約するときに返金されることはありません。次に敷金についてですが、こちらも家賃の1~2ヶ月分というのが相場ですが、このお金は一時金や保証金の意味をもち、契約期間中に大家又は管理会社に預けておくものです。このお金は、家賃の滞納や入居者の家賃支払いの能力や意思が低下した場合の補填として使われることもあります。その他にも契約終了後に原状回復のためのお金として使われることもありますが、この原状回復という部分で問題になることがあります。原状回復は入居者が退去時に行うことが義務となっていますが、原状回復とは入居前の状態に戻すということとは少し違っています。例えば、給湯器が古くなって自然に壊れた場合は大家側の負担、空焚きをしてしまったことで給湯器が壊れた場合は入居者側の負担、家具の設置による床のへこみなどの設置痕は大家側の負担、飲み物をこぼしたりしてできたシミなどは入居者側の負担といったように明らかな過失や故意によるものではなく一般的な生活でできるものは、入居者側が負担しなくても良いのです。これらのことに注意すればトラブルを未然に防ぐことができます。

コメントは受け付けていません。