保証人が見つからない場合は?

アパートなどを借りるときは不動産会社から連帯保証人を求められるのが一般的ですが、大学通学のために上京してきた学生などは近郊に頼める人がいないという人もいるはずです。そうすると借りることができなくて困ってしまいます。しかし、不動産会社はもしもの時のために肩代わりしてくれる人がいればいいので、保証会社を利用することでこの問題は解消できます。
保証会社を利用する場合には、一定の保証料を支払うことで、保証会社が万一借料などの不払いが発生しても保証会社が借料を保証してくてるので、不動産会社も契約してくれます。この保証会社は契約の申し込みと平行して利用されるのがほとんどです。保証会社との契約期間も賃貸契約と同じ期間に設定されるのが通常で、保証料も借料の何㌫という割合が決められています。
家賃保証会社を利用する場合の手続きは、入居の申し込み手続きと並行して行われる場合が多いようです。
不動産との賃貸契約では借主と貸主の間でしばしトラブルが生じる場合があります。また、保証会社とのトラブルが発生することもありますので、家賃保証会社の利用に当たっては、賃貸契約書と同様に事前に保証内容などをしっかりと確認することが重要です。

コメントは受け付けていません。