不動産入居トラブルをふせぐ方法

不動産入居のトラブルは時期により3つに分けられます。入居前、入居中、退去時の3つです。入居前は、お金を払ったのに、所定の期日までに部屋が使える状態になっていなく、解約したいという時など。入居中は、隣室の住人がうるさいなどの問題。退去時に問題になる代表的なものは、敷金返却があります。不動産賃貸や売買など不動産にかかわる不動産トラブルが、一般社会のトラブルと質的に違うのは、かかわる法律の問題があります。事業者が不動産の取引を行う際に必要な資格に宅地建物取引士があります。この資格を取るには、民法や、宅地建物取引業法、その他の関連法規を徹底的に勉強しなければなりません。なかでも日本の民法は、フランス、ドイツの民法を取り入れて作られたもので、世界のスタンダードに近い内容となっていますが、日本人の普通の常識、習慣とは、まったく別の考え方を取っています。その民法に熟知した不動産事業者が、大屋さんと組んで、利益を上げることを目的に素人の賃借人と取引するわけですから、トラブルが起こりやすいと言えます。トラブルを防ぐには、借りる側が法律の知識を持つことが根本的な解決策になりますが、なかなか難しいことです。比較的簡単にできるのは、お金の出金をできるだけ抑えることです。大家さん側が履行していない内容については、その料金は払わないことです。金払いを渋ることが不動産入居トラブルをふせぐ有力な方法となります。af0100007666l